紙粘土

なんか創りたいな〜ということで、粘土。
今回は紙粘土のフラドールってのを使ってみました。
陳列してあるなかでは格安でした、ポイントはそこです。
ふわふわでかるーい粘土はエッジの効いた造形が難しそうだったので、避けてます。

IMG_4682

手ごねで、ざっくり形作ったところ。
鱗も表現したかったので、凹ませてますが結構深い。

IMG_4688
IMG_4689
あまりにもピーナッツのカラっぽかったので、水に溶かした粘土でとろみのある液状にして、表面を塗っていきました。
ヒビや、がさついた表面の処理としてもそこそこよかったかな?

イメージは戦闘中のワイバーンが岩場になんとか掴まったような雰囲気を狙いました
(芯を入れてないので、自重をささえられなくなり苦肉の策です)
翼と首のみ極細のワイヤーが入ってますが、形状記憶に多少貢献してくれたくらいです。

完全乾燥するまでに、ヒビが入らなければいいですが…
あとはやれたら表面とか形状を整えていこうかなと。

粘土の感想ですが、半乾きの状態で後から盛り付けるところはイライラすることもなかったです。

森の人

漫画とか描いてます、よろしくね。

シェアする