オーブン陶土

オーブン陶土(体験パート)

 

前回の記事の続き

焼きすぎで焦げて、さらに釉薬がダマになるというのを踏まえて

次のやつ作りました

 

造形過程は省き

というのも私が大体勘で造形してるので説明しようもないのです

イメージの形になるように手びねりするのみ

 

上の写真は3日以上乾燥させ、白の化粧土をつけたところ

小物はもう化粧土のボトルを攪拌してドボンしてます

 

そしてまた丸一日乾燥させまして

そして焼きます

オーブンを最初に余熱せず、150度で30分

オーブンの癖もあるので、何度か焼き加減をみるのが良さそうです

 

はい焼き上がり!

無残にも散ったアヒルちゃんがありますな

ここ注意ね

・よく練って空気を逃がすこと

・成形後十分乾かすこと

・厚みがあるものは空洞を作り、空気が通るように穴を開けること

・焼く前焼いた後の急激な温度変化には気をつける

なんですけど、このくらいの立体物なら空洞はいらないかなーと思って

ただ造形しただけでした

空気が残っていたかもしれないなーというのが私の思うところ

 

 

壊れてしまったものは割り切って

釉薬を塗るのも、私の雑で焦るところをこらえて

薄く塗る→触って見て手につかない程度に乾かしてまた薄く塗る

これを繰り返し3回程度 回数はお好み。

 

これもまた十分乾かしてオーブンで焼きます

今度は100度で20分(余熱なし)焼きました

 

今度はダマになってなくて綺麗な仕上がりです

 

食器にも使えるそうですが、優しく洗わないと品質が落ちてしまう恐れがあるそうな

小さな器と箸置きのみをつくりましたが

今度は大きめの器と絵付けも挑戦してみたいです

 

早速商品に登録しました!

 

今度はろくろも欲しいなぁ〜

今一度に色々手をだしてしまって、雑多に紹介してますが

どれも楽しいのです

ヤコのオーブン陶土(公式サイト)

Share This:

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。