Woocommerce Menu

Live2D +Facerig



何体かモデリングしてきて、一定の流れができてきたので
私流のやり方の紹介。
ある程度Live2Dに理解のある方向けになります。
これから始めたい方向けにまとめたいなと思ってるんですが、時間できてきてるので
やれるかな?
やるとしたらイラスト作成からやりたいです。

モデルの絵は対象定規を使って左右対称に描く!
右目、左目などはレイヤーで分けない!
目は奥から
(白目、虹彩、、影(細かく分ける場合)、ハイライト、上下まぶた、上下まつ毛、目尻、二重、)はわけます。
左右では分ける必要ないんですよね。
くっついてなければ、手と足が同じレイヤーにあってもいいんです。

こうです
言葉だけでは難しいので、手足を例に挙げるとこんな感じにパーツを1レイヤーにまとめてもLive2D Cubism Modeler 2.1だと透明部分で区切ってパーツを割ってくれます。
これ、Live2D Cubism Editor 3でもやってくれたらいいのになぁ

というのも、Live2D Cubism Modeler 2.1を使ってPSDを読み込むと
透明部分で離れたパーツは分けて登録してくれるんですね。
ので、極力同じ色のパーツは同じレイヤーに載せた方が、絵描き作業的には楽です。

Live2D 3でいきなり作成するとParam_bodyとなってしまい
奥行きの概念がなく、すべて500に揃ってしまうので手動で分けなければならないので
手間な上Facerigでは使えないんですが

Live2D 2.1の.cmoxデータを作成してから、Live2D 3に持ってくると、
パラメーター名がPARAM_BODYになる
奥行きの概念もレイヤーに準拠(ここがおかしいと表示が変になります)
その後、パーツを増やしたいなと追加する場合はLive2D 3で直接やっても問題ないです。

にほんブログ村 イラストブログ イラストレーター志望へ
にほんブログ村
こういう解説物どんどん欲しい!って方は応援おしてください
反応あるなしで、モチベーションも変わるのでお願いします!

タグ: